MEGAZONE

MEGAZONEブログ

How are EDF (UK) and World Kinect Corporation automating Oracle apps?
Enterprise & Migration re:Invent 2023

How are EDF (UK) and World Kinect Corporation automating Oracle apps?

Pulisher : Enterprise Managed Service Group ミン・ジホ
Description : AWSでOracleビジネスアプリケーションを移行し、近代化した顧客事例紹介セッション

ハイブリッドクラウド環境でアプリだけでなく、DBもAWSに移行することは、顧客の立場では大きな悩みです。 数年間オンプレミスで正常に動いているDBをAWSに移行する理由がなく、影響度が大きいDBなので変化を恐れているからです。 他社はなぜオンプレミスからAWSへの移行を選択したのか、AWSのどのようなメリットでそのような決断をしたのか聞いて、今後顧客を説得する際にそのメリットで説得するために上記のセッションを申し込みました。

一部の企業にとって、Oracleのビジネスアプリケーションは、ビジネスの管理と運営において非常に重要です。このセッションでは、EDF(英国)とWorld Kinect Corporation(旧World Fuel Services)がOracleビジネスアプリケーションをAWSに移行し、近代化することを決定した理由をご紹介します。

DF社がOracleビジネスアプリケーションを移行し、近代化する理由は次のとおりです。
1.ビジネスと将来の成長に制約を与えない最新の技術プラットフォームが必要だった。
2.貴社のアプリケーションを中心に、自社のアプリケーションを統合したい、同時に、競合他社に先んじて差別化された機能を維持したいと考えていました。
3.ライフサイクル全体を通してスケーラビリティとパフォーマンスを達成できることを確認する必要がある。

インフラストラクチャの近代化を行うためには、以下の項目が必要です。

1.明確な戦略を念頭に置き、移行することでどのような結果がもたらされるかを楽観的に考える。
2.テクノロジーと適切な経験、専門知識を正しく理解すること。
3.達成したいビジネス成果に対するサポートとリーダーシップが必要です。
4.モダナイゼーションを最大化したいという願望

EDF社は近代化を達成し、カテゴリー別の近代化方法です。

拡張された最新のプラットフォーム
 ・自動拡張
 ・テクノロジーはもはや成長を制限するものではありません
 ・自動化されたアプリケーション展開 
 ・AWS RDS

コスト最適化
 ・設計によるデータアーカイブ – DBサイズの45%削減
 ・全スタックコストの透明性向上
 ・コスト最適化実行中 ( Saving Plan, RI)

機能的差別化
 ・機能的能力の維持
 ・統合されたユーザーエクスペリエンス
 ・スピードと俊敏性の向上

継続的な成長
 ・新しい価値の流れを可能にする最新のアーキテクチャ
 ・コストと規模のモデリング
 ・アップグレードとパッチの簡素化

オラクルDBの近代化の問題点と解決策を次のように設定しました。

問題1.AWSはExadataと同じ性能を提供しません。
解決策1.PoCを活用してデータベース選択を決定する

問題2.AWSでOracleを実行するのに費用がかかります。
解決策2.AWSの商用構造を活用してコストを管理する

問題3.Oracle Appsはサポートされません。
解決3.透明な参加で継続的なサポートが可能

問題4.アップグレードができない
解決策4.デプロイメントとテストの自動化でアップグレード能力を向上させる

World Kinect Corporation社のプロジェクト目標は4つでした。

1.ダウンタイムの最小化
プラットフォームのアップグレードと移行にかかるダウンタイムを最小限に抑える。

2.運用安定性の確保
30以上のクリティカルなアプリケーションがあるため、安定性が必要。

3.パフォーマンス
複雑なプラットフォームは同等またはそれ以上の性能を発揮します。

4.拡張性
主要な変更やカスタマイズのバックログがあるため、拡張性が必要です。

Projectに対する答えは3つです。

1.Partnership:納品及び優秀性が証明された既存のパートナー
2.Cost : AWSは他のホスティングオプションに比べてコスト競争力がありました
3.Innovation(革新) : 幅広いサービスカタログを活用し、財務能力を向上させました。

    企業で使ったアーキテクチャです。トラフィックをロードバランシングするために、ALBを使用しています、

    EFSを使用してNFS共有ストレージを使用しています。 また、データ保存のためにAWS Backupリソースを使用してEBS,EFSバックアップを行っています。

    Application Failover目的で次のような順序で達成しています。
    1.Primary Databaseの認識
    2.基本データベースに関連するアプリケーションの終了
    3.データベース切り替えの実行
    4.新しいプライマリデータベースに関連するアプリケーションを起動します。
    5.ALB – 新しい基本ターゲットグループを再指定する

      プロジェクトの現状は以下の通りです。

      1.インフラの観点
        ・AWS EBSを使用
        ・残りの2つのDCは削除
      2.主なビジネスメリット
        ・移行後、システム全体のパフォーマンスが20%以上向上しました
        ・弾力的なクラウドホスティングEBSスタック
        ・柔軟でコスト最適化されたD/R環境

      今回のセッションを通じて、アーキテクチャの近代化という大きな目的のために、AWSを活用することができます。

      様々な目的のために小さな目的一つ一つを達成する時、少しずつ前進して達成することができると思いました。

      多くのパートナーと様々な技術を共有し、より前向きなマインドでエンジニアの仕事をしなければなりません。

      ブログ一覧

      この記事の読者はこんな記事も読んでいます