MEGAZONE

MEGAZONEブログ

Boosting efficiency: How to realize 70% cost reduction with AWS Fargate
re:Invent 2023 Serverless Compute

Boosting efficiency: How to realize 70% cost reduction with AWS Fargate

Pulisher : Cloud Technology Center キョン・ギョンソン
Description : AWS Fargateを活用してコストを70%以上削減した事例共有セッション

コスト最適化、運用のアジリティ、シームレスなスケーラビリティなど、これらすべての要件を同時に満たすことは非常に難しいことだと思います。本セッションは、この2つ、いや3つを兼ね備えた内容であり、これに関するセッションを聞くことで、今後の業務でより良いサポートを提供するためのインサイトを得ることができると考え、申し込みをさせていただきました。

「Smartsheet」というSaaSプラットフォーム会社がAWS FargateやAWS Graviton、AWS CodePipelineなどを使用して6ヶ月以内に70%のコスト削減を達成し、最大トラフィックを1,000RPSから50,000RPSに増やし、デプロイ速度を週1回から日2回に増やし、拡張性と効率性の向上のためのセルベースのアーキテクチャを適用し、最適化を進めた事例を共有するセッションです。

AWS Fargateを使用する最大の理由は上記の通りです。

サーバーレスコンピューティングを使用して、インフラストラクチャ管理の運営オーバーヘッドなしでコンテナ化されたワークロードを実行し、簡単にデプロイメント管理を拡張することができます。 そして、敏感なワークロードを運営するために隔離、パッチ、コンプライアンスを遵守し、柔軟で弾力的な価格モデルを持っているため、費用対効果が高いです。

このようにFargateは非常に汎用的に様々なワークロードで使用されるそうです。

先ほど簡単にFargateについて触れた後、
本格的にSmartsheet側の成功の道のりについて、一言で言えば、「O.P.Sフレームワーク」この3つだけ覚えておいてくださいと言われました。

まず、Smartsheetというものについて簡単に説明します。

業務を計画、実行、拡張するのに役立つ企業管理SaaS型プラットフォームです。数多くの顧客、協力者、アクティブな作業、資産など2010年から指数関数的に成長したそうです。2006年からAWSを開始し、マイクロサービスへ移行し、AtoZ全体のマイグレーションを行い、様々な地域に渡ってAWS上で全てのワークロードが実行されています。

O.P.Sの一番最初のOのOptimizeです。

最適化を考える時、コスト削減は最も重要な部分です。単純にコストを減らすだけでなく、様々な側面で最適化を行い、以前より同じ性能でより少ないコストでより多くの作業をしたり、自動化をして無駄を省くようにし、上記のような最適化をするための期間を経たそうです。

その中で、性能に比べて価格がとても安いAWS Gravitonを採用して移行を進めた部分において、Gravitonが安いですが、多くの方が移行について悩んでいるようです。どうやらほとんどの場合、x86イメージからarmに移行するにあたって、この部分に対するリスクについて多くの方が心配されますが、この事例では、変更することを決定して1ヶ月で基本イメージを全てArmに転換してコストを20%削減し、なぜもっと早くやらなかったのかという後悔をしたそうです。

第二は、P Propelです。

この部分は、オペレーションの卓越性に関するものです。より速く、より安全で、可用性が高く、一貫性のある安全な運用をするための方法です。そもそもAWSのマネージドサービスであるAWS Fagateを使用したことから、選択と集中をすることができ、これによりメンテナンスの削減から自動化やセキュリティまで強化することができます。

また、AWSのCI/CDサービスであるCodePipelineを通じて、独立して自動化されたデプロイを行い、より迅速かつ効果的に対応することができました。

最後のS Scaleです。

Cellベースのアーキテクチャを導入し、単一セルのサイズに対して制限を設定してテストすることができます。当該セル内にFagateを導入し、使用事例によってデータストレージをDynamoDB or MySQLを使用し、非同期同期タスクを分類してAmazon SQSを利用してタスクベース処理を行い、より高い信頼性と拡張性を得ることができます。

私たちMegazone Cloudは、多様な事例を保有していることが大きな利点の一つです。 しかし、一方では、このような利点が韓国内という限界を持っているという事実を認識しています。海外の支援事例や情報化時代にグーグルやオンラインセミナーを通じてリファレンスについて参考にすることはできますが、このようにre:Invent参加を通じて直接経験を積んで生のリファレンスを共有してみると、本当に体感が違いました。

この内容は、単にクラウドのコストを削減するコスト最適化だけでなく、様々な側面にわたって最適化を行った部分で、多くのお客様が望んでいる部分がすべて集まった内容でした。このセッションを通じて、今後、より広く大きな視野を持ち、お客様のお役に立てるようなセッションとなりました。

ブログ一覧

この記事の読者はこんな記事も読んでいます