MEGAZONE

MEGAZONEブログ

At the cutting edge: AI-driven sustainable 5G networks
AI/ML re:Invent 2023

At the cutting edge: AI-driven sustainable 5G networks

Pulisher : Cloud Technology Center チュ・ヂェビン
Description : 通信業界におけるAIと5G技術活用の最新動向とイノベーション事例の紹介セッション

このセッションでは、Telco(通信業界)のAIと5G技術活用の最新動向と革新事例についての理解を提供すると述べています。AWSクラウド基盤のネットワークとIoTソリューション、そしてGEN AIを組み合わせた開発事例を確認することができると期待されます。 特に、顧客UX向上のための生成型AIを利用する事例を重点的に見ていきたいと思います。

発表者であるRobin HaranとLana Glockは、AIベースの持続可能なデジタル通信と5Gネットワークの構築に向けた通信業界の旅を中心に説明します。

通信業界におけるAIを活用したデジタル変革のパターン

Lanaは、世界中の通信事業者がインフラをデジタル化し、AIを活用する過程で、一般的なパターンと特徴を示していると説明します。

1)ネットワーク機能をクラウドに移管し、新たな収益の創出と収益性の向上を目指す。
2)オンプレミスのハードウェアを削減し、運用コストも削減したい。
3)チャットボットなどのGEN AIやレコメンデーションエンジンを利用して、ハイパーパーソナライズされた商品を提供したい。
4)戦略的パートナーシップを構築し、インフラ、ネットワーク接続、5GおよびIoT分野の専門家と協力したい、良いISVパートナーを見つけることを重要視しています。

CSPは、通信事業者のお客様がクラウドネイティブ5Gネットワークを構築するために、どのような旅程を計画しているのでしょうか?また、Gen AIはどのような役割を果たしているのでしょうか? このセッションでは、関連するディープダイブアーキテクチャをたくさん紹介しますので、後ほど添付します。

まず、テレコム顧客が直面する5つの領域の問題を次のように定義します。

1.顧客に差別化されたソリューションを作らせること。
2.顧客インタラクション層で差別化された体験を提供する。
3.OSS&BSSシステムの近代化。
4.5Gネットワークコアの構成
5.5Gアクセスネットワークの構成

問題を解決するために、講演者が数年前に構築したフレームワークを見てみましょう。 1万フィート上空、つまりクラウドがある部分から徐々に下がっていくので、説明を確認してください。

1.クラウドでAWSリージョンにテルコ顧客のビジネスソリューション、BSS/OSSを運用します。もちろん、様々なリージョンや高可用性を考慮します。
2.ローカルゾーン(エッジネットワーク)には低遅延ワークロードを配置します。モバイルネットコアデータ面、IMSデータ面、電波アクセス制御面。
3.アクセスネットワーク伝搬位置で、アウトポスト/EKS Anywhereなどで仮想化されたアクセスネットワークコンポーネントを配置できます。

講演者がこのフレームワークのリリース後に学んだことはたくさんあります。

カスタマーエクスペリエンスに焦点を当てる:通信事業者は、CSPが提供するサービスの範囲と種類を理解する必要があります。CSPは、基本的なネットワークインフラと基本的な接続性を提供する「接続中心」のサービスを提供する場合もあれば、より広範な追加サービスや製品を提供する「フルサービス」プロバイダーである場合もあります。 後者の場合、顧客体験に重点を置く必要があります。

グローバルオペレーションとコンプライアンス:多国籍通信事業者は、各国の規制やデータ規制を考慮する必要があります。 例えば、ヨーロッパでは、国ごとに異なるデータ保護規制が適用される可能性があります。 また、すべての国にAWSリージョンがあるわけではないので、適切なAWSリージョンを選択する必要があります。

パートナーの選定:自分のビジネスニーズと既存の関係を考慮して適切なパートナーを選択する必要があります。AWSは数多くのパートナーを保有しており、CSPの特定のビジネスニーズに合ったパートナーを選択することが重要です。例えば、既存のISV(独立系ソフトウェアベンダー)との関係がある場合は、それを活用することができます。

クラウドの成熟度:顧客のクラウド技術に対する成熟度は様々です。完全にクラウドに適応し、AWSを熟知している企業もあれば、クラウド移行の初期段階にある企業もあります。 各企業の現状を考慮して、移行の方法やスピードを決定する必要があります。

移行開始点の決定:自社のビジネスに最適な開始点を決めて移行を決定する必要があります。 どのような変更を並行して行うことができるか、どの変更がビジネスに最も大きな価値をもたらすかを考慮して、戦略的に決定する必要があります。

AWS digital enabler

別の構図でフレームワークに適用できるAWSサービスを示す長表です。

デバイス層には、カメラ、温度計、ロック、スマート電球、ライトコントローラーなどが存在すると考えてください。AWS IoTを通じて様々なモノが接続することができます。

彼らが吐き出すデータを管理するために、AWS LambdaやClean roomsサービスを利用して、サービス運営者に必要な価値を提供することができます。 その上に、APIベースのCSPプラットフォームを使用するためのミドルレイヤーが追加されます。

ケアサービスを例にとってみましょう。ユーザーエクスペリエンスの最適化、アラーム送信などの関連機能が、単一化されたビリングとケアのフレームワーク内で顧客に提供されます。このような構成は、顧客の経験だけでなく、ビジネス経験さえもシンプルにします。スマートホーム、スマートセキュリティ、スマートヘルス、エッジコンピューティング、コールセンター、スマートファクトリー、スマートシティ、…このような多様なユースケースを提示したプラットフォームアーキテクチャで実現可能です。

(以降、多くの章表はユースケース別のリファレンスアーキテクチャで構成されています。該当セッションのYoutube URLを添付しますので、ご参照ください)

OSSとBSSシステムの近代化

5Gネットワークをサポートするために必要なOSS/BSSシステムの近代化を説明する章表です。彼らは、AWSとISVのパートナーシップによる柔軟なAPI中心のアーキテクチャの重要性を強調しています。

O-RAN(オープンRAN)と持続可能性

ロビンは、通信サービスプロバイダがAWSを活用して5Gコアネットワークとアクセスネットワークを構築・管理する方法を説明し、安全な仮想環境、エッジコンピューティング、ネットワークの分割と更新などについて説明しました。

最後に、Gravitonプロセッサーを活用したエネルギー効率の向上とO-RANアーキテクチャの導入によるネットワークの近代化+持続可能性についても説明しました。O-RAN(Open Radio Access Network)とは、無線アクセスネットワーク(RAN)をオープンスタンダード&インターフェースに基づくものです。O-RANは、従来の閉鎖的で統合されたRANシステムを開放的でモジュール化されたアーキテクチャに転換することで、柔軟性と拡張性を確保できると言われています。

このセッションでは、AIと5G技術を活用して通信業界がどのように変化しているかについての洞察を得ることができました。

特に、AWSを活用したクラウドベースのアプローチを多くの事例を交えて説明し、既存のテレコムネットワークインフラストラクチャを近代化し、コスト効率を高め、顧客体験を向上させるための発表者の洞察を見ることができました。

また、オープン型RANのようなオープンな技術を適用することで、様々なサービスとアプリケーション開発において、より多くの機会を模索することが可能になると思われます。

ブログ一覧

この記事の読者はこんな記事も読んでいます