MEGAZONE

MEGAZONEブログ

Building your first serverless application with AWS SAM
re:Invent 2023 Serverless Compute

Building your first serverless application with AWS SAM

Pulisher : Managed & Support Center ビンナリ
Description : AWS SAMを利用して簡単なサーバーレスアプリケーションを構築し、テストすることができるworkshopセッション

Server Building your first serverless application with AWS SAMセッションはServerlessの概念とAWS SAMの簡単な説明の後、AWS Workshopを基盤にAWS SAMを利用して簡単なサーバーレスアプリケーションをビルドしてテストできるセッションです。

サーバーレスには次のような4つの特徴があります。

1.サーバー管理不要 – サーバーをプロビジョニングしたり、管理する必要がないので便利です。
2.自由なサイズ調整 – 自動拡張などの柔軟なサイズ調整が可能です。
3.使用した分だけ支払う – プロビジョニングされた容量がないため、使用した分だけ支払うことでコストを削減することができます。
4.高可用性

サーバーレスは次のように動作します。

イベント(エンドポイントリクエストやデータの変更など)が発生すると、このイベントソースをトリガーしていた特定のタスクが含まれている関数が実行され、簡単に展開されてサービスが形成されます。

AWSではこのようなServerless Applicationを簡単に構築、配布するためにAWS SAM(serverless application model)という標準テンプレートモデルを提供しています。

次はSAM templateの例示サンプルコードです。

ラムダ関数とロールを生成し、アプリケーションイベントソースとしてapigatewayを生成してイベントがトリガーされるとLambdaが実行され、DynamoDBテーブルと通信して一つのアーキテクチャを生成します。AWS SAMを通じて数行のコードでアーキテクチャのデプロイが可能です。

AWS SAM CLIを使用すると、場所にとらわれず、個人PCでもAWS SAMテンプレートを利用してアプリケーション開発とテストが可能です。

今日AWS SAM Builder’s sessionでテストで構成したアーキテクチャです。
(you will be building a serverless task application in a hosted sandbox environment!)
Amazon API Gateway、AWS Lambda、AWS DynamoDBのサービスを使ってサーバーレスウェブアプリケーションを構築してテストする時間でした。
Cloud9のおかげで素早く進めることができました。

<Workshop Image>

Severless Applicationを数十行のコードでアプリをデプロイすることができ、便利で便利なワークショップでした。デプロイを完了しましたが、イベントをトリガーして関数が実行されるテストはセッション会場のWifi Networkの問題があり、成功できなかったのが残念でした。 開発者ではありませんが、Serverlessに移行する傾向に合わせて、その経験が顧客サポートに役立つと思います。

ブログ一覧

この記事の読者はこんな記事も読んでいます