MEGAZONE

MEGAZONEブログ

Dive deep into different AWS DMS migration options
Hybrid Cloud re:Invent 2023

Dive deep into different AWS DMS migration options

Pulisher : Cloud Technology Center チョ・ミレ
Description : AWS Database Migration Serviceのコア機能および適用可能な複数のオプションについての紹介セッション

業務でDMSを利用したCDC機能の実装を開発しました。Postgresql to Postgresql, Redshift to Redshiftの開発案件でしたが、両ケースとも事例が少なくて開発過程で問題が発生しましたが、複数のケースオープンおよびテストを行い、さまざまな対処方法を経験しました。 活用した方法以外にも、DMSの核心機能を理解し、適用できるいくつかのオプションをより深く学ぶことを期待してこのセッションを申し込みました。

データの移行と複製のための logical replication; managed native export, import, and replication; and bulk extract and load options for migrating and replicating dataの各オプションの動作方法、メリット、パフォーマンスの考慮事項、サーバーレス技術、自動拡張とスキーマ変換など、移行を簡素化する方法について詳しく説明します。

DMSを自動管理してくれる枠組みとしては、変化するケースを作るassess、経験を基に構成するMonilize段階、大規模なmigrationを行うMigrate and modernize段階を経ます。 各段階を実行する各Serviceを以下に紹介します。

DMS Fleet Advisorは、オンプレミスデータベースをスキャンし、AWSで適切な規模の推奨事項とコストを提供します。DMSスキーマ変換は、評価と自動化されたスキーマ変換も行うことができます。

・DMSスキーマ変換は、データベースのスキーマをあるデータベースタイプから別のデータベースタイプ(OracleからPostgreSQL、Microsoft SQL ServerからAmazon Auroraなど)に自動的に変換できるAWS Database Migration Service(DMS)内の機能です。
・既存のデータベーススキーマを評価し、自動的に変換できる範囲を推定します(通常80~90%)。手動介入が必要な領域を特定します。

・ソースデータベースログのデータ変更をターゲットデータベースに複製します。DMSはこれをEC2インフラストラクチャに設定します。
・レプリケーションインスタンスにデータは永続的に保存されず、ソースとターゲット間の一時的なファネルとして機能します。
・データセット全体ではなく、データのサブセットを選択的に複製することができます。
・ターゲットデータベースの形式に一致するようにデータ変換を処理します。
・より多くの柔軟性を提供しますが、EC2プロビジョニングにより複雑さが増します。

・自動的にprovisioningとscailingを管理し、ダウンタイムに発生する最小限のデータ損失を保護します。
・EC2インスタンス管理が不要な自動化されたデータ移行アーキテクチャです。
・元のデータに基づいて最適なレプリケーションサーバーを自動的にプロビジョニングし、拡張・縮小します。
・お客様は、コストをコントロールするために、最小および最大DMS容量単位を定義します。
・さまざまなワークロードに対する適切なサイズ調整、可用性、拡張に関連する複雑さを軽減します。
・急増または断続的な移行スケジュールに適しています。

・ソースとターゲットデータベースが同じタイプの場合、移行が簡素化されました(例:PostgreSQLからAmazon Aurora PostgreSQLへ)
・内部的には基本的なデータベース移行ユーティリティを利用しますが、DMSで完全に管理します。
・接続、セキュリティ、IAMロール、VPC設定などの複雑な作業を自動化します。
・複数のデータベースにわたる大規模なスクリプトによる移行を可能にします。
・同種の環境では不要なレプリケーション機能ではなく、自動化に重点を置いています。
・要約すると、DMSはさまざまな移行シナリオと長所と短所を一致させるさまざまなアーキテクチャを提供します。

実戦で経験してきたDMSの機能について改めて基礎から振り返り、概念を整理することができました。適用可能なオプションと考慮すべき性能について、より明確な機能を定義することができ、今後のDMSの性能改善やアップグレードの時期に先に紹介されたmigration toolを活用できるかを検討し、サービスをより簡素化して提供できるようにしたいと思います。

ブログ一覧

この記事の読者はこんな記事も読んでいます